« 伊佐沼 | トップページ | セイタカシギ »

2012年8月 5日 (日)

オリンピックに思うこと

4年に一度のオリンピックが開催されています。
日本人選手も大変頑張ってくださっていますね!
4年に一度の大舞台に立つためにどれ程の努力と苦労をされたのか、私のような凡人には計り知れません(^-^;

しかし、中には信じられないような試合やジャッジも存在します。
無気力試合で失格になったバトミントンやダウンを取らないボクシングには驚きました。

柔道に関してもどうもしっくりきません。
日本の武道である柔道はいつから競技になってしまったのでしょうか?
競技にしてまで柔道が存在する意味があるのでしょうか?
中には、わざと帯をゆるく絞めている選手もいるようです。
勝つ為なら何でもOKという感じの試合を見ていると本当に情けなくなります。
あれで勝ってうれしいのでしょうか?
「技を磨く稽古を通じて人格の完成をめざす」のが柔道ではなかったのでしょ
うか?

外国人にそんなことを言っても理解はされないのでしょうが
日本人だけにはそういう精神を忘れてほしくありません。
素晴らしい柔道を見せて頂ければメダルなどどうでもよいです。

マスコミもメダル・メダルと騒ぎ過ぎです。
「○○○メダルを逃す!」などという文字を目にすると腹が立ちます。
「だったらお前がやって見ろ!」と言いたくなります。
傍から見ているだけで、そこまでたどり着く大変なプロセスも理解せずに
言いたいことを言うんじゃない!と言いたくなります。

フェアープレーで全力で戦ってくれれば見ている私たちは満足です。
本当にご苦労様ですと言いたいです。

おやじの愚痴でした(;ω;)

そんなことはお構いなしのビーです(^-^;
Imgp4742

パソコンデスクは冷たいようでここで寝てます。
ここで寝られるとキーボードが打てません(゚ー゚;

|

« 伊佐沼 | トップページ | セイタカシギ »

番外編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570305/55358607

この記事へのトラックバック一覧です: オリンピックに思うこと:

« 伊佐沼 | トップページ | セイタカシギ »